活動日誌

奨学金返済は大変!(雨の中宣伝しました)

2016年06月25日

雨ですね〜!今日は夕方に北区に大型宣伝カーが走りました。訴えているのは福祉現場で働く女性です。学生時代に月5万円年間で240万円の奨学金を借りていたそうです。現在、月1万3千円毎月返しておられるそうですが、37才まで返済し続けなくてはならないこと。有利子なので、利子として、約10万円ほど、別に払わなくてはならないなんて、ほんとにひどいです❗️

福祉職場の賃金は決して多くはありません。そこから毎月の返済は本当に厳しいと思います。給付制の奨学金の実現と学費そのものを半分に減らすことをぜひ実現してほしいとの訴えは、親の世代にとっても切実な問題です。

西山ときこ元参議院議員は野党共闘の流れや「比例は9人の大きなお願いをしている」るとの訴えは、西山さんならではの訴えでした。1998年の夏の参議院議員選挙のことを思い出しました。選挙戦後半はどんどんと手応えを感じる反響が返ってきて勝利しましたね〜

熱気あふれる演説会に、元気出た~!

2016年06月24日

公示後3日目という短期間で、案内をしなくてはならない、また雨が降る中、北区紫竹小学校での演説会でした。

大河原さんの訴えでは、真面目に働いていただけなのに、過労死やアスベストによる被害で死ななくてはならないことはおかしい!政治の大元から変えないと行けないという訴えにジーンと来ます。アスベスト裁判原告団遺族の木村さんの話は大河原さんとの訴えの原点になるアスベストで夫の無念さを語って、心に残るものでした。

後藤牧師さんは、法律の専門家である弁護士の大河原さんに何としても国会に言っていただきたいとと力強く期待の思いを熱く語ってくれました。

圧巻だったのは倉林明子参議院議員のお話です。参加者一同引き込まれました。面白すぎる!良すぎる!との感想がたくさん寄せられました。
今は、京都で一馬力、大河原さんと二馬力に!と訴えられました。

7月10日まで頑張ろう‼️

京都市手話言語条例制定キックオフイベント

2016年06月19日

行への期待も強く、条例がない時、できた時として、道を聞かれた時の場面、コンビニでの買い物の場面、引越しをしてきて町内会に入る時の場面として、演習され、とても良かったです。

あらためて、すべての障害者の方々のバリアを取り除き、京都市手話言語条例の制定記念キックオフイベントがあり参加しました。昨年度末に議員提案で可決し制定されました。聴覚言語障害の方々の条例の制定への熱い期待に動かされての制定でした。各会派の代表でプロジェクトチームを作り、協議を重ねました。私は共産党の代表として参加していましたので、今回壇上にあがり、手話であいさつしました。

手話言語条例の施心が通う社会にしたいと思いました。

議会報告 こんにちは玉本なるみです。6月②日号

2016年06月19日

介護保険制度の改善と総合事業に関する申し入れ/新しい政治の流れ危険な『安保法制(戦争法)』の廃止を!/京都市会のトピックス/アンテナ 若者の未来のために
こんにちは玉本2016年6月19日号

議会報告 こんにちは玉本なるみです。6月①日号

2016年06月12日

議会報告5月定例会が終わりました。●京都市焼却灰溶融施設損害賠償判決について/雲ヶ畑消防分団が、京都市消防査閲で2位の成績/戦争法廃止!安倍内閣退陣!6.4京都大行動/つぶやき:北区後援会事務所/アンテナ :結婚祝う会

こんにちは玉本2016年6月12日号

Page 1 of 11