活動日誌

北上青年のつどい 切実な青年の声・声・声

2013年06月19日

 北区上京区で活動する青年が倉林さんに「青年の声を聞いてほしい!」と集いが開催され、倉林明子予定候補と一緒に参加しました。「大学卒業し、国家資格も取って福祉施設に勤めているけど、年収は200万円以下のワーキングプワ状況」「正社員でなく、契約社員。10月から奨学金を3万5千円の返済が始まる。文化的な活動をする余裕がない」「僕も、600万円の奨学金をコツコツ返している」「自民党は票も増やしていないのに、なぜ、政権を取れたのか?」など、実態や質問が出され、倉林予定候補が丁寧に返答し、その声国会に届けて頑張りたいと決意を語りました。参加した青年からは「元気で、やる気を感じた。身近に話できて、うれしかった」など感想が寄せられました。

違いはっきり!参議院の予定候補者などの座談会で

2013年06月18日

 朝日新聞の討論会(6月15日)で、自民や民主の方から驚愕の発言があり、日本共産党の倉林さんとの違いがはっきりしました。とりわけ、憲法や平和の考え方の違いです。一部を紹介します。6月18日朝日新聞に掲載されています。

<驚愕(きょうがく)発言>

その1、西田(自民)氏:私は「憲法無効論者」。憲法の枠の外に答えがある。

その2、北神(民主)氏:「国のために死ぬという愛国心をどう教育するかが非常に重要だ」

その3、山内(維新)氏:米国の「あてがいぶち」の現行憲法は変えるべき96条改正に賛成。

<倉林明子さん(共産)>

憲法が時代にそぐわなくなったのではなく、憲法や9条が生かされる状況を作っていく必要がある。

 

Page 1 of 11