活動日誌

本会議で、市民の請願「民営バス敬老乗車の交付範囲拡大」不採択に対して、反対する討論しました。

2014年11月27日

 今日は本会議でありました。昨年9月の豪雨で被害にあった地域の損害賠償の額の決定、総選挙費用の予算について可決しました。さらに、先日、教育福祉委員会で伏見区淀地域の要望で、市バスが走っていない町内の方が民営バス敬老乗車証の交付範囲を拡大してほしいという請願を日本共産党以外の会派が不採択としたので、採択すべしと討論を行いました。

討論内容はこちらです→http://cpgkyoto.jp/shikaihoukoku/2014/11/post-178.html

安部政権をやめさせよう集会に参加しました。

2014年11月24日

  沖縄から、知事選挙を戦った経験と連帯のご挨拶がありました。沖縄の辺野古の海への基地建設を許さないためにも、全国で勝利しなければならないと思います。

   今日の赤旗日刊紙の一面の記事でオナガ沖縄新知事の確認団体である「ひやみかち うまんちゅの会」が知事選の枠組みで一致する4氏の支援を合同記者会見で発表され、沖縄一区は日本共産党のあかみね政賢さんです。1~4区自民党の前衆議院議員4人の普天間基地の県外移設の公約を裏切ったことに対しての審判が、今度は総選挙で示されることになります。

  公約に責任を持つことと、米軍基地に苦しめられた沖縄県民の魂の選挙が、保守、革新の枠を越えて、行われることになるでしょう!きっぱりと自民党にノーの審判を!!歴史に残る選挙になるでしょう!

こくた恵二前衆議院議員からも、連帯のご挨拶がありました。参加の団体からのリレートークも切実な声ばかりでした。

集会後は円山公園から市役所前までデモを行いました。一番気に入ったコールは「アメリカと一緒に戦争はゴメンだ!」

安部政権の暴走をストップさせる選挙にしましょう!

 こくたさんの訴えの中で、原発を担当する宮沢経済産業大臣が鹿児島県の川内(せんだい)原発をかわうち原発と言ったことを紹介されましたが、驚きました。

こくたさん、雲ケ畑を駆ける! 北区後援会事務所開き宣伝

2014年11月23日

 早朝より、今日は雲ヶ畑に、こくた前衆議院議員と浜田府会議員と一緒に宣伝に行きました。紅葉が深まっていました。

右写真は、雲ケ畑の奥のですが、サイクリングのライダーのみなさんが20名ぐらいかな、集結しておられ、演説を聞いて拍手もいただきました。めったいにない大勢の聴衆でした。

午後からは、北区の後援会事務所開きを行いました。場所は大宮通り北大路上がる西側です。気迫の訴えでした。北区はこくたさんの地元中の地元です。北区の市会議員から出発したこくたさんは、政治家の原点があるといつも訴えられます。

ついに解散しましたね~

2014年11月21日

  午前中は、女性後援会の宣伝カーが北区入りをするということで、一緒に宣伝しました。時おり、声援を頂きましたが、今回の総選挙は国民にどう映っているでしょうか?白票を考えているという方もあるそうですが、共産党がいるよ~!と気づいてもらえるように頑張りたいと思います\(^^)/

京都は紅葉が深まっています。

衆議院解散の表明を受け、こくた恵二衆議院議員とさっそく宣伝。

2014年11月19日

安倍首相の解散の表明を受けて、こくた恵二衆議院議員が国会から戻ってきて、さっそく、京都駅前やビブレ前で宣伝しました。

 みんなの党は解党するとか、京都1区は民主党候補が決まっていないなど様々ですが、日本共産党は京都選挙区1区~6区まですべての候補者の発表と比例代表の発表を行っています。北区、上京区、中京区、下京区、南区の1区は、こくた恵二衆議院議員です。

 消費税増税は先送りでなく、きっぱり中止を!沖縄県知事選挙の勝利に続き、日本共産党の議席を増やしてください!と訴えました。左端が私です。

もみじまつり 沖縄県知事選勝利!

2014年11月16日

今日は、北区上京区の共産党のおまつり『もみじまつり』が開催されました。
 急な総選挙が入り、総選挙に勝って、一斉地方選挙も頑張ろう!という活気あるおまつりになったと思います!

  オープニングは、玉本なるみのエイサーチームが出演しました。1年半前から始めたエイサーにすっかりはまってしまい。教室のメンバーに一緒に踊ってもらえないですか。と相談してみたら、快く参加してくれました。後で動画もアップしたいと思います。好評でした~ 出演依頼受け付けます!

各府市会議員毎の出し物もあり、玉本本部は、アコーデオンと私のクラリネットで涙そうそうと見上げてごらん夜の星を演奏と歌を歌った後、シュプレヒコールをしました。「総選挙に勝って、増税中止を!」「みんなで力を合わせ、政治を変えよう!」「頑張ろう!」と盛り上げました。
 こくた恵二衆議院議員の挨拶では、参議院で議席が増え、政治を動かしていること。衆議院でも躍進して政治を変えようと力強く訴えがありました。…
 私は5期目に向けての決意を語りました。ご苦労されてきた高齢者に対して、年金を減らし、介護保険料や消費税の増税で負担を増やし、不安にさせる政治は許せない!引き続き頑張ります!と訴えました。
 
 

 おまつりの後は、宣伝カーで訴えてまわりました。夜には沖縄の知事選挙の結果が、いち早く出てオナガさんの勝利で本日の日程が終わったことがとにかく、嬉しいです!沖縄の皆さんの熱いハートの審判だと思います。この結果を持って、粛々と辺野古への米軍基地移設をすすめようとする安倍政権に、今度は総選挙で審判を下しましょう。

寒さに負けず宣伝宣伝。

2014年11月15日

急な総選挙に誰もがなんで?と思われるでしょう。安部政権のアベノミクス政策が行き詰まり、支持率が徐々に下がるなかで、今ならまだ一定の議席を確保できるという打算かあるからでしょう。国民の為の解散総選挙ではなく、自らの政党の為の選挙というわけです。
一方で、解散に追い込んだのは、国民の世論や運動があったからです。消費税の増税は反対という方が、世論調査で6割から7割となっていること、海外で武力行使ができる集団的自衛権の行使容認などには、多くの国民が安部政権の危険性に気づき初めていること、原発の再稼働も反対の声が多くを占めており粘り強い運動が続いています。
安部政権に厳しい審判を下すチャンスとして、日本共産党は躍進めざして頑張ります!と寒風の中、宣伝しました。玉本なるみのたすきから、日本共産党たすきに代えて、頑張ります!

住民要求アンケートに応えて 頭が下がる市民ボランティア

2014年11月12日

住民の皆さんに、要求アンケートを、配布させていただいたところ、北区だけでも600人近い方から、返送がありました。地域の身近な問題や、厳しい暮らしの現状を書いておられる方もあります。市民の暮らし向きは確実に苦しくなっていることを実感します。

写真は上賀茂学区の岡本口公園です。周辺の水路が土や草などで堆積し水の流れが悪くなっており、大雨の時は、溢れ出る状況になっているとご要望がありました。上下水道局に改善を求めたところ、地域の方からも、要望が既にあったとのことで、早速、今日業者が掃除に来てくれました。バキュームカーで土をすいとっていますが、公園が古く、水路に木の根っこが突き出ているとのこと。また、東西の通りの水路とぶつかった所で、勢いに負けてしまうので、南北の水路側が、溢れることになるとのこと。根本的な改善のための工事が必要だと業者の方が言ってました。

そんなやり取りをしていたら、公園内でタクシーの運転手さんが一人で、雑草引きや掃除を一生懸命されていました。声をかけ、お礼を言ったら、最近この公園でグランドゴルフをさせてもらってるので、ボランティアでやっているとのこと。何袋も枯れ葉などでいっぱいになっており、ボチボチやってますとのことでしたが、頭が下がります。ありがとうございました。

府市民総行動

2014年11月07日


いのちと暮らし、雇用と営業を守る2014秋の府市民総行動が11月月7日に取り組まれました。午前中は市役所前宣伝に始まり、9時から京都市に対する要請行動が取り組まれました。

北区から参加されていた京都建築労働組合の方々と一緒に写真を撮りました。

学校給食が大きく前進! 教育福祉委員会報告

2014年11月05日

教育福祉委員会が開催され、学校給食における「和食」の検討会の意見を基にした「「和食」文化を伝える方向性と取組(案)」について報告があり、審議しました。

京都市の小学校給食の食器は、長い間アルマイト食器が使用されています。市議会には市民や新日本婦人の会等の団体から、食器の改善の要望が繰り返し出されてきました。この間、教育委員会はアルマイト食器について、利点が多いことや変更には多額の予算が必要という答弁を繰り返して来ました。
今年度、料理専門家や市民等からなる「学校給食における和食の検討会議」において、熱心な議論がされ、11月に意見の取りまとめが報告されました。その中には、今後検討すべきとされた取組に「豊かな食文化の体験に向け、味わいを感じることができる食器への更新をすすめる」が示され、5日に開催された教育福祉員会では、玉本なるみ市議の「すべての学校で更新するのか」という質問に対して、アルマイト食器からペン食器等の食器に年次計画を立て、更新していく方向性を示しました。
さらに、委員会審議の中で、京都の伝統地場産業である漆器や清水焼等の食器の導入についても、ランチルーム(学校に1教室ある)等で導入できないか研究していきたいと答弁がありました。
日本共産党市会議員団は、早期のアルマイト食器の更新や清水焼食器などの導入の具体化、中学校給食の全員給食の実施や地産地消の推進も含めて、京都市に対して、「豊かな学校給食をめざして」申し入れを行いました。
尚、12月9日まで、京都市教育委員会は意見募集を行っていますので、どしどし意見を上げてください。

申し入れ文書はこちらです。

Page 1 of 212