活動日誌

北区民文化フェスティバル

2015年01月26日

1月24日、25日と北文化会館で、北区民文化のつどい が開催され参加しました。24日は保育園の部で、民間保育園の年長さんが歌の発表を2曲ずつされます。元気な子ども達の歌声を聴いていると、毎年、この子達の未来の多米に頑張ろう!と思います。とりわけ、安倍首相が進めようとしている戦争への道や危険な原発再稼働など、絶対に子ども達にお荷物を残してはならないと思います。写真の保育園は、発表会に向けて、Tシャツを染めたり、絵を描いたりしていて素敵でした!

25日は一般の部で、以前私もメンバーに入れてもらっていたフラダンスチームや和太鼓などの発表がありました。発表の機会があるということはいいことだと思います。目標を持って練習に励めると思います。

浜田.玉本事務所開き

2015年01月25日

浜田.玉本事務所開きをしました。事務所は新町北大路上がる西側です。
開所式のオープンニングは和太鼓集団『遊』の有志の方が3人来てくださって、素晴らしい演奏をしてくださいました。急な依頼でしたが、駆けつけて下さってとっても嬉しかったです!
私の議席は市民の皆さんの命や、暮らしを守る議席。井坂市会議員、浜田府会議員3人そろって、引き続き頑張る決意を訴えました。
事務所は普段使われていない空き店舗ですが、掃除をして、飾りつけをして、素敵な事務所になりました。ぜひ、近くにお越しの際はお立ち寄り下さい!
ちなみに、井坂.浜田事務所は新大宮北大路上がる西側で、総選挙の時の北区後援会事務所だったところてす。

京都市職員労働組合女性部旗開き

2015年01月24日

24日午後から、京都市職員組合女性部の旗開きに来賓として伺いました。日本共産党の市会議員団として、市長が進める京(みやこ)プランの継続を許さない!アピールを発表したことを紹介し、何が問題かをお話しました。職員を削減し、非正規に置き換え、残業が増えた上に、職場に不団結が生まれる。市民の大切な財産である公営保育園の民営化やリハビリセンターの附属病院の廃止など、許されないなど…。
リハビリセンターの附属病院がこれまで果たしてきた役割は、民間の病院に簡単に転院してできるものでないことをお話しましたが、あとで、以前働いていたナースから、よくわかってもらっていて嬉しかったとお声かけいただきました。これからも現場の声をしっかり聞いて、頑張ろうと思いました。

そして、アトラクションとして、アンサンブルの素敵な演奏がありました。なんと皇子山こどもクリニックで働くナースなどの職員の方々で結成されたグループで、以前には京都市立病院に勤めておられた方もおられるとのことでした。素晴らしい演奏が聴けて得した気分でした。

教育福祉委員会で審議   アルマイト食器をPEN食器にやっと更新の方針

2015年01月21日

 保健福祉局の審査では、第4期京都市障害福祉計画策定に向けての市民意見募集についてと京都市地域リハビリテーション推進センターの設置についての報告を受めました。請願審査は、11月議会では提出されていた。「子ども・子育て支援事業計画における保育の推進方策の見直し」「就学前幼児の医療費の無料化」については、紹介議員にもなっていましたので、それぞれ必要性を主張し採択するように求めましたが、日本共産党以外の会派が留保を主張し、採択されませんでした。さすがに否決とは言わないものの、このままでは、3月末まで保留として、『審議未了』として、処理される可能性があります。

 一般質問として、保育所入所のポイント制の導入について、質疑しました。保護者の働く実態や、暮らしぶりが大変な中で、福祉事務所としての柔軟な対応を今後も行うことができるのかを確認しました。すでに、一斉面接では「ポイントをもとに、入所について厳しいですね~」など言われている実態を紹介し、今回のやり方で、よりポイントのつけ方が不透明にならないか懸念も述べ、検証を行うよう求めました。

 伏見区の淀白鳥保育園分園の建設については、建物は、京阪電鉄の高架下に京阪が建設し、内装として、淀白鳥保育園の法人が、京都市が1210万円の補助も受け運営を4月から実施するというものです。昨日実際に建設現場も見に行きましたが、いくら、騒音測定したが問題ないと説明されても、基礎工事の中に高架の柱があり、0歳1歳の保育環境としてのふさわしいのか。又、1月の予算提案の時には詳細知らされなかったことを指摘し、議会への丁寧な対応を求めました。

 介護の関係では、高齢者が増えることは想定されているが、包括支援センター施設が市内では61か所しかなく、対象高齢者が8000人を超えた包括支援センターがすでに5か所あり、今後大規模化していくことを把握しているか。箇所数を増やすことが必要を求めました。しかし、2025年に向けて、各包括支援センターがどの程度の対象高齢者を抱えることになるのかは推計していませんでした。また、要支援者の半分程度が一人暮らしという状況だと、包括支援センターの方からお聞きしたので、実態を聞きましたが、それもわかならにという答弁でした。包括支援センターを中心にした計画が提案されている割には、どうなってるの?という状況です。

 教育委員会の審議では、「小学校における食物アレルギー対応について」提案がありました。小学校給食のアレルギー対応の手引きが作成されたことは前進です。アレルギー物質の一部除去食の対応として、卵について、最終段階で使用する卵とじなどの料理での除去はこれまで、6割程度の学校が除去していましたが、手引きによりこれからは全校で実施されることになります。今回実施した調査で分かったこととして、学校独自の努力として、えび、かに、小麦の除去もしている学校があったということです。質疑では実施できているところとできていないところの理由を聞きました。設備面の条件や人的体制などの関係があるとの答弁であり、重要な点だと指摘しました。できているところを教訓にさらに、除去食が広がるよう求めました。また、花背山の家やみさきの家、修学旅行などの校外学習の時の食事の提供については、詳しく触れられていない点も指摘し、保護者、子どもへの負担を少しでも軽減させる立場で前向きに取り組むよう求めました。

 「学校給食における「和食」の推進に係る取り組み方針(案)については、アルマイト食器をPEN食器に更新していくことについては、長年取り上げてきましたが、検討会義でもすべての委員が食器について発言があったそうです。3年間で更新していくと答弁がありました。やっと長年の要求がいよいよ実現することが明らかになりました!

沖縄県名護市辺野古への新基地建設反対の連帯行動

2015年01月15日

   沖縄県名護市辺野古への新基地建設は許せません!しかも、15日の午前1時という真夜中に重機などを米軍キャンプシュワブ内に搬入するなんて、暴挙です。
 沖縄県民は、名護市長、沖縄県知事、衆議院議員選挙で新基地建設に、反対する方が次々と選ばれ、辺野古への新基地建設はノーと審判を下しています。それなのに、国民の民意を無視する安部首相は危険な人物であり、民主主義に反するものです。
15日夜には三条京阪で、「No Base!沖縄
つながる京都の会」の呼びかけで集会、抗議行動があり、参加しました。
京都市からも沖縄へ支援行動にいかれている方も多くおられますが、全国で連帯の行動が広がることが大切だと思います。

京都市職労 民生支部新春旗開き フラダンスで華やかに

2015年01月14日

 京都市職労民生支部の旗開きがあり、伺いました。国の悪政に対して、市長が市民の暮らしや命を守るためにいかに頑張るかが問われているのに、今の市長は市民の大切な財産を潰しています。市民が残してほしいと願う公立保育園も、意見は聞いても民間移管の方針は変えないという市政のあり方は、市民をバカにしています。ご一緒に市民の命、暮らしを守るために頑張りたいとご挨拶をしました。
写真は保育分会の皆さんによるフラダンス、華やかで新春の旗開きに花を添えてくれました。
私も以前少し、新婦人の小組活動でかじりましたが、今はお休みしています。やっぱり、音楽に合わせて踊るのは

次は亀岡市会議員選挙で!

2015年01月13日

11日の長岡市会議員補欠選挙(定数2)では、日本共産党のすみだ初恵候補が当選しました。すごい!

 次は亀岡市会議員選挙が18日告示、25日投票で行われます。私は馬場たかしさんの事務所に行きました。馬場さんともお会いしましたが、亀岡市会議員団の幹事長として、奮闘されてきた方で、穏和なお人柄で、なくなてはならない方だと思いました。
亀岡にはスタジアム建設がすすめられていますが、地元負担が当初の2倍の50億円につり上がり、建設地は一昨年の台風18号で水没した土地で、ここでの大型の施設が建設されると、周辺地域に影響が出かねません。
強引に進めることは危険です。亀岡市の規模で、50億円の負担は重大です。市長にきっぱりものが言える共産党の力が必要です。

雪が降る中、雲ケ畑に宣伝! 前進座「簿桜記」の観劇

2015年01月12日

お正月はあまりにもの大雪で雲ケ畑の地域には宣伝に行けなかったので、浜田府会議員と午前中に宣伝に行きました。さすが、雲ケ畑!奥まで行くと雪で真っ白でした。地域の方が出てきてくれて二人一緒の写真を撮ってもらいました。

 美しい鴨川の上流の地域です。産廃処理施設が昨年末に、不正があり、指定取り消しになりましたが、今はまだ、一時仮置きしている産廃ゴミが街道から見えるので、景観も美しくしたいです!                     

 日本共産党京都府後援会主催の新春前進座公演が南座でありました。4年に一度、一斉地方選挙の年は私達が開演前に紹介されます。
今年の演目はジェームス三木脚本の簿桜記(はくおうき)でした。忠臣蔵を背景に、当時の武士の道と夫婦愛が絡み、面白かったです。たまには、奮発して文化に親しむのも大切ですね~♪

北区新春のつどい。大忙しでした!

2015年01月11日

 北区の新春の集いがあり320人方にご参加いただきました。私は予定候補者として、そして出し物の出演者として大忙しでした。

  まず、オープニングで三宅太鼓を今日のために集合したメンバーでたたきました。そして、候補者としてのあいさつとパワーポイントで生い立ちと実績を披露。出し物ではエイサー仲間が5人集まってくれて、ミルクムナリとクーダーカの2曲を踊りました。いくつかミスもしましたが、活気ある楽しい集会になったと思います。沖縄県人会の方も三線演奏で参加してくれて、みんなで踊って楽しかったです。
 やはり、何よりも総選挙の勝利でみんな元気になっており、その勢いで一斉地方選挙も頑張ろうという思いを持ってくれているからだと思います。
 こくた恵二衆議院議員が選挙後の国会の様子を含めて、共産党の値打ちを紹介し、次期参議院京都候補者で弁護士の大河原さんもあいさつに来られました。

民主府市政をつくる会の新春のつどい

2015年01月07日

1月7日、府民本位の新しい民主府市政をつくる会の新春のつどいがあり参加しました。オープニングはなんと、私が通うエイサー教室の先生!中嶋真さんの和太鼓演奏でした。いつもの先生の感じとは違い、ステージに立つとやっばりプロの顔でした。素晴らしいスタートの演奏でした!
 何人かの皆さんから、facebookでいつも見てますよと言われました。実際にはお会いしてなくても、facebookで情報交換をしていて、繋がっていることを実感しました。
いよいよだね!と一斉地方選挙に向けての激励も頂き、期待に応えられるように頑張ります!

Page 1 of 212