議会報告 「大宮交通公園」リニュアル計画について

2019年03月02日

3月1日の予算特別委員会(建設局)において、大宮交通公園のリニュアルについて質疑しました。京都市は、大宮交通公園の北東部約3000㎡の敷地を北消防署の移転建設に提供することを決め、合わせて、老朽化している『大宮交通公園』をリニュアルする計画をしています。ただし、最低限の条件を提示し、民間業者に任せてしまう『パークPFI』という方式で進めています。公園の建設と運営を任せてしまい、便益施設としての営業(例えばレストランなど)で儲ける施設も併設しても良いというやり方です。現在その民間業者の公募をしています。駐車場は15台以上ということになっていたので、「少ないのではないか」と質すと、なんと、まだ決まっていないが「50台分の計画案」があることを建設局長が答弁しました。車が50台も出入るするのは、周辺の交通に大きく影響します。住宅地が近いことから、便益施設のあり方も住環境に影響することから、住民の合意も必要だと追及しました。写真は3月2日撮影。たくさんの親子連れが遊んでおられ、ゴーカーをとても楽しいそうに乗っておられました。