こくた恵二衆議院議員と雲ヶ畑へ

2018年09月17日

今日は雲ヶ畑地域の災害の調査にこくた恵二衆議院議員と行ってきました。
地元の方のお話をたくさん聞かしていただきました。
なんとか通れるようになって良かったということですが、通る度に、倒木で荒れ狂ったような山を見るのは辛いという声。
今後、どうしたらいいのかが問われるなかで、国や行政がやるべきことを一緒に考えていきたいと思います。
雲ヶ畑ではすでに北山杉など山の仕事をする人はいなくなっているとのこと。山の持ち主は雲ヶ畑の人だけではなく、他の地域の人も多いとのこと。自己管理責任だけでは、解決できない状況にあるのは明らかです。
とりあえず、道を通れるように倒木の木を切っているだけで、その木をどうするのか。運び出すだけでも大変な費用が必要です。
そして、放っておくと次の台風や大雨で滑り落ちてきそうな木がいっぱいあります。

今日は雲ヶ畑地域の災害の調査にこくた恵二衆議院議員と行ってきました。地元の方のお話をたくさん聞かしていただきました。なんとか通れるようになって良かったということですが、通る度に、倒木で荒れ狂ったような山を見るのは辛いという声。
今後、どうしたらいいのかが問われるなかで、国や行政がやるべきことを一緒に考えていきたいと思います。
雲ヶ畑ではすでに北山杉など山の仕事をする人はいなくなっているとのこと。山の持ち主は雲ヶ畑の人だけではなく、他の地域の人も多いとのこと。自己管理責任だけでは、解決できない状況にあるのは明らかです。
とりあえず、道を通れるように倒木の木を切っているだけで、その木をどうするのか。運び出すだけでも大変な費用が必要です。そして、放っておくと次の台風や大雨で滑り落ちてきそうな木がいっぱいあります。